1:ID:h1XVmh 2017-06-19

最終回を迎えて久しいけど、あのとき輝いていた推しがあの後も輝かしい未来を生きていることを想像するだけで自分も生きていける。

ページ上部に戻る